本を読む

普段読書をされているかどうかはわかりませんが、一つ言えることであれば読書をすることで確実に天才脳へと近づくことはできるようになるはずです。
天才脳と関係があるかは分かりませんが、成功者のほとんどが読書が好きで毎月100冊以上の本を読む人もいるそうです。
なぜそこまでして本を読むのか?
なぜならば本には先人たちの膨大な知識が積み込まれているからです。
よく有名人や成功者は自分の名誉を残すために本を残そうとします。
つまり彼らの知識を本を通して共有することができるようになるのです。
本に書いてあることが正しいかどうかは別として、成功者が名誉を残す為に本を書くのであれば信憑性はとても高く、十分に活用できると考えられます。
最近では本を読まなくても、ネットである程度の情報を収集することはできるようになりましたが、ほとんどが信憑性が高くなく、また誰が書いたのかもわからないものだってあります。
ですので、一時的な知識以外は本を読むことで脳を活性化させることができれば天才脳への第一歩へと近づくことができるようになると考えられます。
しかしもともと本を読む習慣がなかった人にとっていきなり本を読むことはとても難しいことであり、慣れるまでに時間がかかってしまいます。
まずは本を読もうとする努力から始めてみてください。
毎日本を読まなくても一か月にどの程度本を読むかなどの目安を決めることで持続をすることができるようにはしなければならないでしょう。
また本を読むことで新しい趣味を見つけることができればそれを利点としてさらに努力を積み重ねることができるようになるため、天才脳へのモチベーションにつながると考えられます。
皆さんもぜひ本を読んで知識を深めていきましょう。

 

青い空の女の人